診療科・部門のご紹介

薬剤科

薬剤科

薬剤科では、医薬品の調剤、患者様の薬学的ケア、院内の各種チーム医療への参加等を通し、安全で有効な薬物治療が行われるよう医薬品に関する業務すべての面で医療を支えています。

また、救急医療を充実させ、地域住民の安全・安心に貢献するため24時間薬剤師が常勤しています。

理念

良質な医療の提供に貢献します。

基本方針

  1. 薬学知識を活用し医療安全の向上に取り組みます。
  2. 地域の医療機関との連携を強化します。
  3. 健全な病院経営に貢献します。
  4. チーム医療の推進に貢献します。
  5. 積極的に研修へ参画し、知識・技能向上に努めます。

調剤業務

医師が発行する処方せんに基づき、内服薬(飲み薬)、外用薬(湿布、軟膏、目薬など)、注射薬の調剤を行っています。自動錠剤分包機や監査システム及びアンプルピッカーなどを導入し、調剤ミスを起こさないように努めています。入院中の患者さんには、服薬状況に合わせ、錠剤を一包化したり、錠剤を砕いて粉薬にするなど、薬を飲みやすくするような工夫もしています。

注射剤の中には薬が効く濃度の範囲が狭いものがあり、そのような薬剤の血液の濃度を解析し、医師と投与量を相談し、薬物療法の有効性や安全性の向上にも取り組んでいます。

当院では外来受診の患者さんに対して院外処方せんを発行し、病院外の保険薬局でお薬を受け取っていただいています。保険薬局は自由に選ぶことができますが、特に複数の医療機関を受診している患者さんはかかりつけの薬局を持つことをお勧めしています。かかりつけの薬局を持つことで、薬の重複を防ぎ、飲み合わせの悪い薬の管理がスムーズに行えるため、よりお薬を安全に飲んでいただけます。

調剤風景1

調剤風景1

調剤風景2

調剤風景2

アンプルピッカー

アンプルピッカー

薬剤管理業務

薬品の中には温度、遮光、湿度管理が必要なものが多く、購入、在庫管理、各部署への払い出し、患者様への使用時のすべての時点において数量・品質管理を徹底し、院内の各部署からの請求に対して、迅速かつ安全に対応できるように努めています。また製品回収などに的確に対応できるよう出入庫管理も厳しく行っています。

製剤業務

高カロリー輸液など無菌状態で調整する必要のある注射剤に関しては、クリーンベンチ内での調製を行っています。また、抗がん剤は安全キャビネットや閉鎖式器具を使用し、患者さんだけでなく医療従事者への汚染・曝露を最小限にしています。

高カロリー輸液調整

クリーンベンチ内での高カロリー輸液の調製

ケモ調剤

安全キャビネット内での抗がん剤調製

DI(Drug Information医薬品情報)業務

医薬品を適切かつ安全に使用するためには正確で最新の情報を随時提供することが必要です。 DI担当の薬剤師を設置し、医薬品の情報の入手や分類、評価、医師や看護師などへの提供、保存を行なっています。

病棟業務

当院では全ての入院患者さんを対象に薬剤管理指導業務を行っています。

各病棟に専任の薬剤師を配置し、入院時から退院まで薬に関するサポートを実施しています。

入院時には患者さんが普段服用している薬を確認し、他病院の処方内容との重複や相互作用、入院して行われる治療に影響がないかどうか等の確認をします。入院中も定期的に患者さんの部屋を訪室し、内服薬・注射薬の説明を実施、副作用の発現がないか、薬の効果が出ているかの確認を行います。薬に対する疑問や不安などの相談も随時お受けしています。

専門薬剤師の養成、薬学教育への協力

当院では各種認定薬剤師を養成中です。 また、薬学教育6年制の薬学生の実務実習の受け入れも行っています。

チーム医療への参加

医師・看護師など他職種と連携し、より良い医療をお届けできるように活動しています。

感染制御チームや栄養サポートチームの一員として、他の医療スタッフと共に各病棟をまわり、実際に患者さんに対面しながら多角的にそれぞれの職種の専門性を活かせるよう努めています。

その他、各種委員会にも参加しています。

薬剤師募集

一緒に仕事をしていただける方を募集しています。

経験者はもちろん、未経験者やブランクのある方も是非お問い合わせ下さい。

薬剤に関する知識・技能を修得し、薬剤師としてのキャリア形成を支援する職場となれるようスタッフ一同心がけております。

見学会・説明会も随時行っています。

問い合わせ先

このページに関するお問い合わせは西部メディカルセンター 薬剤科です。

病院棟1階 〒308-0813 茨城県筑西市大塚555番地

電話番号:0296-24-9111(代表)